【企業・自治体の方へ】若い力を利用して新しい可能性も見出す

平成22年度から平成26年度までの5年間このプログラムを実地し、平成27年3月末をもって終了致しました。
プログラムの成果及び今後の取り進めにつきましては、博士キャリアセンターにご相談下さい。

企業演習連携先を募集しております。御社の持つ社会的な問題・課題を文理院生・ポスドクチームに伝えてください。
大学院教育改革の一環として、基礎学習・企業演習・応用学習をセットにしたプログラムを実施します。
1回の実施につき半年間のプログラムですが、このうち企業演習期間は集中2週間〜不定期3ヶ月程度です。
御社において日頃なかなか取り組めない社会問題に若い力を活用してみませんか。本プログラムの積極的なご活用をお待ちしております。

【課題タイプ例】 ※あくまでも一例ですので、型にこだわる必要はございません。

  1. 地域連携型:御社の地域性を活かした戦略企画など、独自に抱える課題
  2. 全国展開型:全国に展開している中で、社会的・国際的視野の広い課題
  3. 地方自治体連携型:地方自治体が窓口となり、当該地方の企業群等が抱える課題

受入のメリット

  • 各人材のチームワーク力を見極めることができます
  • 単独のインターンシップに比べて、チームによる成果の相乗効果が見込めます
  • 修士院生はもとより、博士院生・ポスドクの能力を見極めることができます

ポイント

  • 秘密保持義務を果たします
  • チームコーディネータ、分野コーディネータ(教員)がチームをフォローします
  • 雇用経費等は不要、チーム受入後の雇用も必須ではありません